親と共同名義で二世帯住宅の住宅ローン

結婚と同時に、主人は親と共同名義で銀行からお金を借り、住宅ローンをくみ、二世帯住宅を建てました。
私は、夫婦だけの生活をマンションを借りて二人だけでしばらく過ごしたかったのですが、無理でした。
なんだか、住宅ローンをくんだことで、プレッシャーというか、主人の家とも、がんじがらめになり、大変な荷物を背負った気分でした。
ローンをくんでまで、家を建てる必要があったのか、ゆっくり考える暇もなく、主人の家のペースで事が進みました。
本当は、ある程度の収入ができてから、夫婦で相談して夫婦の力でローンをくむのがベストだと思います。
ローン返済は、はじめは金利ばかりの返済でした。
私は、基本的にローンや、お金を借りてまで何かを購入する事に、抵抗があります。
なので、この住宅ローンは、はじめての経験でした。
他に、ローンを組んだのは、脱毛エステです。
脱毛は、ずっとしたかったのと、自分が仕事をして毎月の返済が可能だと確信したので、一年間くみました。
このローンは、自分にとって、納得できるものでしたし、脱毛処理が、順調に進み、よかったと感じています。
ローンは、自分に返済能力があれば、上手に利用するといいと思います。
ただ、無理なローンは、よくないですね。
毎月の返済額や、ボーナス時の返済など、状況に応じてくみ、生活をより上質なものにすることは、いいのではないでしょうか。
ちなみに、脱毛エステのローンは、完済しほっとしています。
住宅ローンは、当分続くので、頑張らないといけないなあと、思います。

関連エントリー

・ローンは借入時の信用がすべて
・家族を説得して輸入車を6年のローンで購入
・新古車購入で5年ローンを組みました
・親と共同名義で二世帯住宅の住宅ローン
・中古物件で住宅ローンの負担を軽減
・銀行でマイカーローン組みました