ローンは借入時の信用がすべて

私が住宅ローンを組んだのは15年程前です。それまでずっと賃貸アパート暮らしだったのですが、地元に戻って来たことと子どもが3人になり賃貸では手狭になったことがきっかけでマンションを購入することにしました。
でも本当はもう一つきっかけがあります。
それは数年後に転職を計画していたからです。転職すれば最低3年間勤務しなければローンの審査が通らないことは知っていましたし、もしかしたら独立する可能性もあったので正社員で信用のある今のうちにローンを組んでおこうと考えたのでした。ローンは借入時の信用調査をパスすればその後の追跡調査はありませんので、滞納などしなければ仮に無職になっても無理やり弁済させられることは無いのです。
当時は不動産関係の仕事をしていたので付き合いのあった銀行でローンを申し込みました。仕事を通じて私のことを知ってくれていましたので手続きや審査は比較的簡単だったように思います。
それでも契約の時は少し緊張しました。それまで仕事で何度も経験していたことなのですが、不動産業者、司法書士、銀行関係者が揃った中で、自分自身が数千万円の契約を行うということは覚悟がいったことを記憶しています。
自分が契約して来たお客さんもこんな気持ちだったのかな、と思うと改めて大変責任のある仕事をしているのだなと感じたものです。
その一方で、ある意味計画的にローンを組んだことに、少し申し訳ない気もしました。
その後実際に転職し契約社員で勤務していますが、真面目に返済をしています。

関連エントリー

・ローンは借入時の信用がすべて
・家族を説得して輸入車を6年のローンで購入
・新古車購入で5年ローンを組みました
・親と共同名義で二世帯住宅の住宅ローン
・中古物件で住宅ローンの負担を軽減
・銀行でマイカーローン組みました